スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)
<< 12月15日 アランシオネさんでのアクセサリー教室 | main | 12月18日 百時さんでのアクセサリー教室 >>
水晶とルビーのネックレス

 

ご依頼のネックレスです。

古希を迎えられるお母様へプレゼントされるためご依頼いただきました。

ポイントは水晶とルビーと金を使って欲しいとのこと。

理由は、3人の娘さん、息子さんのお名前に
この3つの石に関する漢字がそれぞれ使われているそうです。
その集大成というか、
沢山の今までの思いを込めて・・・。


ご依頼から10日という短時間でのお仕上げ。
展示会もあったので、正直、最初は厳しいな〜〜と思ってましたが、
水晶を探し始めるとあっという間にみつかりました。

だいたいの水晶はビーズだともちろん縦に穴が開いてます。
こんな風にステッチするとそのまま見えてしまうんですよね。

私はそれに気付かず、いい大きさの縦穴の水晶を見つけ、
ひゃっほ〜〜

と喜んでいたら、はっと気が付きました。

「そんな水晶だとだめだよ〜〜〜。」ってまるで誰かに言われたかのように。

慌ててキャンセル。
でも、縦穴のないブラジル産のとってもきれいな水晶を見つけました。

カットはスターカット。AAA。直径は2僂任后

そして、ルビーは持っていたので
チェーンを14Kゴールドフィルドで。



一番問題だったのは、
ステッチした水晶をどうやって留めるのか?

端に穴が開いた水晶だったので
ステッチで隠そうと思って内側の方まで編んでいたら、
なんだかイマイチ。

それなら、バチカンしかない!!
と思って探しに行くと、ありました〜〜いいのが。

それもジルコニアが施してある、厚みのあるものが。

このバチカンを探しに名古屋に行けたのも
たまたま時間に都合がついたから。
普段の生活だとなかなか行けないんです〜。

水晶が届いて2日で出来上がりました。
(やればできるじゃん!!)

ご縁のある石に巡り合えたり、
作り手の神様が降りてきてる時はすぐに出来上がります。


そして、無事にご依頼主様の元から、お母様へ。
到着した夜にメールで報告していただけました。

 (嬉しい方の・・・ね)

人に喜んでもらえるお仕事ができて、
本当に嬉しかった。

今回は、ここでは書けないけれど
もっともっと深い事情もあって、
そのお手伝いができたこと、本当に光栄に思います。

最近、こういうことが続いていて、この仕事に対する
私の考え方もちょっとずつ固まってきたような気がします。


さて、今日から3連休なんですね。
ずっと12月最初でカレンダーが止まったままの感じで、
ホントにボケボケ。

年賀状、大掃除、お節・・・

明日、カーテンを洗うところからスタートかな?


みなさん、いい連休をお過ごしくださいね。



マキ / ネックレス / CM(0) / TB(0)
スポンサーサイト
スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eclat5.jugem.jp/trackback/1092
この記事に対するトラックバック